流氷

日記

網走の流氷を見てきました。
接岸しているのを見るのは久しぶり。何年ぶりか、思い出せないほどです。

虫網を持ってクリオネを探している地元の方々がいらっしゃいました。

カメラを持っている私を見て、観光客だと思ったのか「2、3日前に一度岸から離れたのだけれど、また戻って来てラッキーだったね」「クリオネは、もっと氷がたくさん接岸しないととれないんだよ」「昔は、背丈よりも高い氷がたくさん来ていたんだよ」など、流氷情報をたくさん教えてくださいました。

あまりにも親切なので、私が実は網走で高校時代を過ごし、この海岸線沿いが通学路だったなんて、とても言えない感じになってしまいました。

しばらくして「どこから来たの?」とやはり聞かれてしまい、ガッカリさせるかなと思いながらも正直に話すと、「地元だからこそ結構知らないもんだよな」と「流氷鳴り」がする場所を案内してくださったり、「波がないように見えてあるから、誰かが流される」と先日、無事に戻られた方の話を教えてくださったり。なんておもてなし上手なんでしょう。観光客の対応に慣れていらっしゃるようでした。

今年は新型コロナウイルスの影響で、団体客は激減だそうです。今回は、人混みを避けたため、車外に出て数分流氷を見て過ごしただけでしたが、地元の方とお話できたおかげで、観光気分を十分味わい、満喫できました。

流氷よ、また来年会えるかな。

関連記事一覧