「令和」到来

日記

令和初日。いつも通りヨガをしてご飯を食べて、家でのんびり1日を過ごそうと思っていたが、テレビのニュースをみると新元号になった瞬間、どしゃぶりの中、大勢の人が集まってお祭りのように楽しんでいたのを知って、何だか乗り遅れたような、私も何かしなきゃいけないような気持ちになった。

フェイスブックをみたら、となり町の陸別町にある大好きなカフェtomonoさんがGWも営業していることを知って、癒されに行くしかないと足を運んだ。

 

tomonoさんは、陸別町郊外の小利別というところにある。
とってもキュートなオーナーさんがいるカフェ。隠れ家的な雰囲気だが、店内にはお客さんがたくさん。ご近所さん、常連さんもよく訪れているよう。

tomonoさんはお客さん同士をも繋いでくれる太陽のような方。心遣いとバナナベイクドチーズケーキの優しい味が心にしみた。

お店にはSHANTI YOGA KITAMIのフライヤーを置いてくださっている。前回持って行ったフライヤーは、なんと2日でなくなったそう。

「今度あるだけ持って来て。ヨガをしたいと思っている人はたくさんいるから頑張って。」と声をかけてくださった。

他のお客さんが帰られた後、ヨガインストラクターとしての今後についての話に。じっくりお話させていただくと、tomonoさんはとてもストイックで芯の通った方だとわかった。可愛らしい雰囲気とのギャップがまた素敵。
「できることはたくさんあるはずだよ。」と。

令和の幕開けにふさわしい1日になった。
自分は何がしたいのか、そのために何ができるのか。もっと真剣に向き合おうと思わせてくれた。

必要な時に必要な人が現れてアドバイスをくれる。感謝しかない。

関連記事一覧